J-DEVICES

STAFF INTERVIEW 社員インタビュー

STAFF Interview

ジェイデバイスの未来を拓く新材料を開発し、量産化をめざす。

作元 祥太朗

実装開発部 先行技術開発担当(神奈川県)
熊本大学大学院 自然科学研究科 情報電気電子工学専攻 修了
2013年入社

株式会社ジェイデバイス 作元 祥太朗

■車載用途の新材料の先行開発に取り組む。

大学院では半導体特性などの電子分野を学び、太陽電池の研究を行っていました。就職先としては、自分の専門知識を活かせる業界を希望して研究室の先輩が入社した企業などを検討し、化学メーカーや電機メーカーを中心に志望していました。しかし、長期のインターンシップを通じて半導体メーカーの品質管理を体験したことで、半導体業界に興味を抱くように。特に、最終製品と近い後工程に面白みを感じ、国内最大の半導体後工程専業メーカーであるジェイデバイスを志望しました。

私は入社から現在まで一貫して、ジェイデバイスの主力製品である車載製品に関わるパッケージの研究開発に携わっています。特に、私が担当しているのは、ダイアタッチ材と呼ばれる材料の研究。ダイアタッチ材とは、切断したチップを基板に載せる際の接着剤です。車載用の半導体の中には電力を多く消費し、多くの熱を発するものがあります。そこで、半導体パッケージの中で発生した熱をより多く、より早く外部に放出して効率的な動作を実現するために、この接着剤の成分やチップとの相性を検証し、高放熱化のための新しい実装技術の開発を行っています。

このような開発はいわゆる先行開発なので、特定のお客様ではなく材料メーカーや装置メーカーとの打ち合わせが多く、外との関わりが大切な仕事です。私が学生時代の頃には、研究開発はデスクワークというイメージを持っていましたが、実際には打ち合わせのための出張なども多いです。また、展示会や学会発表にも積極的に参加しています。

株式会社ジェイデバイス 作元 祥太朗

■量産が実現すれば、世界からの注目も集まる。

今もっとも注力しているのは新しいダイアタッチ材の研究であり、私は素材の検討段階から関わっています。ダイアタッチ材には、耐熱性や耐久性が求められます。半導体業界では、これまでダイアタッチ材として鉛を含んだはんだを使用してきたのですが、環境負荷軽減の観点から鉛フリー化の動きが進んでおり、鉛を使用しないはんだや、異なる方法によるダイアタッチが必要とされています。

ダイアタッチ材の開発においては、まずジェイデバイス側で接着剤のスペックを検討して、材料メーカーに相談。その後、既に量産しているパッケージを使って、接着剤だけ新しいものに変えた場合に不具合が起こらないかどうかの評価を行います。しかし、鉛を使わずに高温や急冷に対する耐久性をクリアするのは難しいため、ダイアタッチ材そのものだけではなく、既存装置や構造の工夫まで検討しながら鉛フリーの展開に挑んでいます。

このテーマに私は数年間携わっており、鉛はんだ以外のさまざまな材料も検討してきました。その結果、通常のはんだよりも放熱性が高い焼結銀によって、鉛フリーを実現できる可能性が出てきました。車載用途で実験したところ、一部のスペックを満たすことができ、研究成果は論文としても外部に発表しました。しかし、まだすべての仕様に適応できるものではないため、研究はこれからも続けていきます。鉛フリー化は、国内だけでなく全世界的に進んでいる潮流であるため、私の研究成果を量産につなげることができれば、ジェイデバイスの事業に多大な貢献ができるはずです。

株式会社ジェイデバイス 作元 祥太朗

■若手でありながら、個人に与えられた裁量は大きい。

若手でありながらこれだけ影響力の大きなミッションを与えられているのは、ジェイデバイスだからこそです。開発において、新しい設備の購入が必要となる場合もありますが、かなり大きな金額であっても、的確な資料を準備し背景と必要性をしっかり説明することができれば、自分の手によって設備を購入することもできます。個人に与えられる裁量は、非常に大きいです。これまでよりも与えられるミッションの次元がどんどん高まってきたので、今後も任せられる範囲はさらに広がり、やがてはプロジェクト全体をリードしていくような役割も任せてもらえるのではと期待しています。

ジェイデバイスにはさまざまなバックグラウンドを持った人たちがおり、多様な文化が混じり合っています。社内の人的ネットワークを活用して様々な情報を入手することもできますし、今までのやり方に縛られずに柔軟に挑戦できる土壌があります。逆に言えば、当社では変化に対して柔軟に対応することが必要とされます。固定観念を持たずに仕事に取り組める人が向いているでしょうね。また、社内でも英語を使う機会は多くありますし、材料メーカーの開発者が外国の方だということもあります。今後のグローバル化によって、さらに海外との接点は増えるため、英語も身につけておくといいかもしれません。

OFF-TIME

株式会社ジェイデバイス 作元 祥太朗

休日はカフェ巡りをしています。写真のラテアートは、近所のカフェを訪れたときのものです。あてもなく街を散歩しながら気になったカフェに立ち寄ることもありますし、旅先でもまずは現地のカフェを訪れるようにしています。私は1泊程度のプチ旅行によく行くのですが、あまりプランを決めないまま出かけて、現地のカフェでコーヒーを飲みながら気ままに計画を練るスタイルが私の好みですね。物珍しいカフェがあれば、つい入ってしまいます。

ENTRY ENTRY
MISSION & VISION MISSION & VISION